払いすぎた利息の返還

払いすぎた利息の返還

払いすぎた利息の返還

過去または現在に借金をしている人は、必ず借金と一緒に利息も返済していると思います。
この利息は借金にはつきもので、必ず返済するという義務があります。
金利は法で上限を定められているのですが、この上限を上回る利息をとっている会社も
存在します。
上回った利息は過払い金と呼ばれるもので、数年前からよく耳にする過払い金請求に
該当するのです。
払いすぎた利息の返還を行うには、まず弁護士または司法書士に相談する必要があります。
相談することで現在も返済中の人は返済の督促が止まり、過払い金請求が終了するまでは
返済の必要がありません。
過去に借金をしていた人は、最終取引から十年が経過していなければ過払い金請求が
可能となっています。
弁護士または司法書士に依頼した後は、お任せしておけばOKです。
弁護士が債権者にこれまでの取引履歴をもらい、それを利息の上限にしたがって計算しなおします。
そこで過払い金が出ていれば返還要請をします。
それから債権者と返還金額と返還日時の交渉を行い、和解が成立します。
これで返還日に交渉の際に決まった額が返還されていれば過払い金請求は終了です。

現在借金がある人は、過払い金は借金にあてられます。
それでも借金が残る人はその後も返済を続けていく必要がありますが、過払い金請求をした後の
返済には利息がつきません。
ですので残った額だけを支払っていけばいいのです。
過払い金があるのではないかと思う人は、まず相談してみましょう。
もしかしたらお金が返ってくるかもしれませんよ。